滞納と強制性(住宅ローンとマンション管理費との比較)

普段、仕事をしていると、特に意識もせずに優先順位の高い仕事とそうでない仕事との順位付けを行って、優先順位の高いものから順に片付けるようになってくるものです。時間は限られていますので、効率良く、期限までに仕事を行わなければなりません。

これは普段の仕事に限ったことではなく、支払いについても同様のことが言えます。

借りたものを返すのは当たり前ですし、使っている分の使用料を支払うのも当たり前のことなのですが、どうしても支払いが滞る場合には、支払いの優先順位というものを理解して、優先順位の高い方から支払っていかなければなりません。今回は住宅ローンとマンション管理費とを例にして、滞納と強制性について検討してみることにしましょう。

住宅ローンの場合

ここでは仮にマンションの一室を住宅ローンを組んで購入したと仮定します。住宅ローンの返済が滞ると2ヶ月滞納した時点で、ちょっと難しい表現なのですが、「代位弁済手続き開始の予告」という通知が借入れを行っている事業者から届きます。内容は要するにこれ以上滞納されると一括弁済して頂き、それが無理な場合は物件を差し押さえて競売にかけますよという督促状になります。

そして3ヶ月滞納した時点で今度は「代位弁済手続き開始」という最後通告が来ます。後は粛々と事務手続きが進められていき、差し押さえへと至ります。

マンション管理費の場合

これがマンションの管理費の場合、同じように催告状が来て、支払いの督促を受けることになります。

一連の督促業務はマンション管理組合と管理会社との間で締結している管理委託契約に基づき、管理会社が業務を代行するのが一般的です。

しかし、管理費等の滞納の督促手続きは住宅ローンの場合と違い、実際はかなり緩いものです。一般的には数ヶ月滞納してもただ単に督促状が来る程度で、6ヶ月経過してやっと内容証明付きの督促状が来る程度に過ぎません。

そして、それを超えるとやっと支払督促の申出や少額訴訟等の手続きに進む場合もありますが、(ここでは理由等について深くは触れませんが)管理費等の督促で強制執行まで至るケースは極めてレアです。私は何も管理費の滞納を勧めているのではなく、そういった現状になっているという事実を公表しているだけですので、このコラムを読まれている方は誤解のないようにして下さい。

翻ってキャッシングの滞納についてはどちらの事例により近いでしょうか。ここまでお読み頂いた方は直ぐにご理解頂けると思いますが、強制性の程度という観点からすると、言うまでもなく前者に近い性質があります。ですので、キャッシングの滞納は極力これを避けるよう注意して下さい。

ページトップへ