TVドラマのような怖い取り立てはあるか

キャッシングを利用して、返済するのが遅れると、ドラマのような怖い取り立てがあるのでしょうか?

映画やテレビドラマなどで、返済が遅れると、脅すとか、夜中でも取り立てに行く、罵声を浴びせる、張り紙を貼る、水を掛けると言うようなシーンを見ることがあると思います。しかしながら、現在ではそのような取り立てはほとんどの金融機関ではしていません。

法律によって、そのような取り立ては禁止されているのです。

取り立ての際に法律で禁止されている内容

  • 取り立ては時間帯の制約があり、可能な時間帯としては8時から21時までです。取り立てはこの時間を超えては禁止されています。
  • 自分の会社の返済を行わせる目的で、返済のために他の会社から借り入れをするように強制することも禁止されています。
  • 取り立ての際には、恐喝や暴力、罵声を浴びせるというようなことも禁止されています。

取り立てにもこのようなさまざまな制約があります。取り立てには法律によって禁止されているようなものもありますが、営業を違法に行っているような闇金融の場合には、そのような法律は関係なく取り立てを違法に行っています。こちらがドラマで見掛けるような内容の取り立てだと推測されます。

実際にどんなにお金が困っていても、違法な金融会社から借りてしまうことは避けましょう。しかし、中には友達の保証人になったばかりに違法に追い駆けられたりすることもあるようです。これは映画や漫画、ドラマで見かけるパターンですね。

しかし、まず大事なのは、友達の借金の保証人にはならないと言うことです。さらに、言うならば、違法に文書を偽造されている可能性もありますので、そういう場合には闇金融とはつながりがない弁護士に相談しましょう。弁護士は敷居が高いなら、消費者センターや警察と言ったどこかの組織に相談してみましょう。

悪徳なキャッシング業者や闇金融というのは、絶対に利用しないようにしましょう。

ページトップへ