総量規制とはどのような制度か

銀行等の金融機関や消費者金融等の貸金業者からキャッシングを行う場合、キャッシングできる金額についてはどのように決定されるかご存知でしょうか。

基本的にはキャッシングを希望される方の申し出に基づいて、これらの業者による審査を経て、借入れ金額や利率が決定されます。そして双方の同意に基づいて金銭消費貸借契約が締結され、実際のキャッシングという運びになるのが原則です。

しかし消費者金融等の貸金業者から借入れを行う場合、その上限額については年収の3分の1までという制限があって、これを総量規制と呼びます。

基本は年収の3分の1までだが・・・

貸出し金額の絶対額つまり総量を規制するという意味で、仮に利用希望者の年収が300万円であったとすると、貸金業者から借入れを行なうことのできる金額は100万円が上限ということになります。

この規制が設けられた背景には、収入に見合わない借金を背負ってしまい、借金の泥沼にはまり込んでしまった方が後を絶たず、社会問題化した経緯があります。これが完全施行されたのは今から3年前の2010年ですので、近年導入されたばかりの新しい制度であると言えます。

しかしここでのポイントは、銀行等の金融機関から借入れを行う場合、総量規制の適用を受けないため、上記の例で言うと個人の信用の状況によっては100万円以上の借入れが可能な場合があるということです。

それと言うのも、総量規制の縛りを受けるのは貸金業者であって、銀行等の金融機関は貸金業者ではないため、その縛りの適用を免れるという理屈に基づいているのです。

また総量規制には除外と例外というものがあり、具体的に一例を挙げて紹介しますと、自動車ローンを組んでいる場合、これは総量規制の「除外」となり、この金額は除いて計算がなされることになります。

また葬式や緊急の入院治療などがあった場合、これは総量規制の「例外」として、この金額も除かれることになります。少し複雑ではありますが、キャッシングを検討する場合はこういった背景や制度についても事前に調べておくと良いでしょう。

ページトップへ