消費者金融の持つ怖いイメージ

消費者金融と聞いて、皆さんはどういうイメージを持たれるでしょうか。

金融に興味や関心がない方でしたら、テレビドラマや映画で目にするような怖い取立てやヤクザまがいの業者を連想される方も多いかも知れません。

金貸しになるには事業者登録が必要

紙幅の都合もありますので、この場での細かい説明は割愛させていただきますが、大きくは会社等の法人ではなく個人を対象とした貸付業を営んでいる業者と理解しておけば間違いはないでしょう。消費者金融業という事業は誰もが自由に行えるものではなく、事業を営むに際しては、貸金業法の規定に基づき事業者登録が必要となります。

その上で出資法や利息制限法の規定を遵守した営業活動が義務付けられることになります。ちなみにこれらの事業者登録や法の遵守を前提とした消費者金融に対し、この範囲外で違法な貸付け等を行う業者がいわゆるヤミ金と呼ばれる業者と言うことになります。

つまり消費者金融は国の法律で認められた合法的な存在であり、そうである以上、社会常識に照らして、それから明らかに逸脱しているような高い金利を設定したり、また強引な取立てを行うことは禁じられています。

ですので、タイトルで示したような俗に言う「怖い存在」ではなく、社会に認められた存在であるということができるでしょう。

実際はイメージと違う消費者金融業界

最近は銀行や信販会社も一般の消費者を対象とした金銭の貸付け業務を広く行っていますが、やっていること(金銭の貸付け業務)ややらなければならないこと(法の遵守)はそれらの企業と全く同一のものとなります。

銀行等の金融機関は、従来は企業などの法人に対する融資をその主力業務としてきましたが、昨今は企業への融資業務に加えて個人に対する貸付け業務にも力を注ぐようになってきました。言ってみれば従来は消費者金融が主として担っていた個人貸付け業務に進出してきた訳です。

消費者金融という漠然としたイメージが先行しがちですが、私たち一般の消費者にとっては、主力事業の運営母体が違うというだけで、実際には特段の違いがないことが上の説明からご理解いただけるのではないかと思われます。

ページトップへ