クレジットカードキャッシング比較

ほとんどのクレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠があります。

本来のクレジットカードの目的は、基本的にショッピングでの利用である為、キャッシングは付加的なものになります。付加的なものとは言っても、急にお金が必要になった場合には大変役に立つものです。

実際、キャッシングをするのには消費者金融の方が便利だと言う意見もありますが、わざわざキャッシングする為に嫌な思いをして審査を受けて申し込むのがストレスになる人もいます。そういう人には、すでに持っているクレジットカードのキャッシング機能を使う方をおススメします。

とは言っても、各クレジットカード会社によってキャッシング機能サービスはかなり内容が違います。

つまり、楽天カードでキャッシングをする場合と、ライフカードでキャッシングを利用する場合では、支払う利息率が全く違うことがあります。さらに、同じライフカードでも支払方法も毎月の元金と利息率が全く違うパターンを選ぶことが出来ます。

これはどういうことなのかと言うと、キャッシングでも利用残高に合わせて利息率が計算される場合と、利用金額によって利息率が計算される場合があるからです。短期的に借りるのなら、利用金額に合わせた計算方法の方が利息が低くなります。

利用残高に合わせると、40万以上の借り入れで毎月元金が2万円で利息が5千円と言うこともあります。これを長期的に行うと非常に高額になってしまいます。しかし、短期的にと言うことなら支払うのも有りの選択です。それは、返済額が毎月一定になるからです。

実際、クレジットカード会社のキャッシング機能よりも最近では消費者金融の方が短期的に見たら利息は安いです。ただし、長期的に考えたら消費者金融よりもクレジットカード会社のキャッシング機能の方が安心です。

ただし、どちらも長期的になると利息は膨らむので、最初に借りる時に自分がどのような目的でキャッシングを使用したいのかと言うことに焦点を絞ってみましょう。

ページトップへ