クレジットカードのキャッシング機能を利用する場合

クレジットカードにはキャッシング機能があります。このクレジットカードのキャッシング機能の利用方法についてご紹介しましょう。

キャッシング機能というのは、即時の小口の融資のことで、お金をクレジットカードを利用して借りることができるものです。

一般的にクレジットカード会社は、キャッシング機能を希望する会員について、審査を個別に行った上で、キャッシングの利用できる限度額を設定しています。その利用できる限度額は、一般的に10万円から20万円で、ほとんどの場合は、クレジットカード会社や提携している銀行のATMやCDを利用します。

とは言ってもクレジットカード会社の種類によっては、限度額がもっと高い場合もあります。また、ショッピングで支払の実績が増えると、たまにキャッシング増額の案内が来ることもあります。ただし、増額するかどうかは自動よりも本人が承諾したらと言う形が多いです。

しかし、機会を利用して限度額を上げておくと後々出費に困った時にお金をキャッシング機能で借りることが出来る為、非常に便利です。そして設定した、利用できる限度額以内であれば、何回でもお金を自由にATMやCDで借りることができます。

さらに支払方法ですが、普通のクレジットカードの場合、返済は翌決済日に一括して支払うことになります。しかし、普通ではない場合は一定額の金額を払うと言うキャッシングの支払い方式もあります。この場合は、利用残高に応じて利息が計算される仕組みなので、少し割高払いになります。

この他に、ちょっとの期間だけお金を借りたいというような場合には、短期間のキャッシングというものがあります。ほとんどの場合、短期間のキャッシングというものは、5日以内のキャッシングで、クレジットカード会社や提携している銀行のATMやCDから、クレジットカードを利用して融資を自動的に受けることができます。

このように、クレジットカードのキャッシング機能は、生活に役立つ非常に便利な機能なのです。

ページトップへ