キャッシングを利用して生活をやり繰りすることはどこまでならOKなのか?

収入がない専業主婦がキャッシングを行う際は、以前は全く心配ありませんでした。しかしながら、最近では夫の収入証明書や同意書などが必要になっています。そのため、夫に内緒でキャッシングを行いたいと考えても非常に厳しくなりました。

しかし、実際にお金に困っている主婦は全国に広がっています。その理由も夫の給料が残業代がカットされて、21万円台と言う30代夫婦、子供2人の家庭と言ったケースが非常に多いからです。

こういう家庭は日本の若い世代の中でも逆に恵まれている方です。なぜなら、フリーターであるがために結婚出来ない若者も多いからです。

しかし、恵まれているとは言っても、実際家族4人を都内の家賃を払って、21万で生活するのは相当な至難の技です。それで最初はショッピングのリボ払いから始まって、やがてそれを穴埋めする為にキャッシングを使用すると言う例は多いのです。だから、毎日の生活をやり繰りしてい行く為には、お金がまとまって必要になることは良くあります。

専業主婦のキャッシング体験談

銀行系のキャッシングであれば、夫の収入証明書や同意書などを要求されることもなく、お金を夫に内緒で借りることが可能で非常に便利です。何故夫に隠れて借りるのかと言うと、やはり給料が少ない夫を責める形にはしたくないからです。

そして、カードローンを使用した専業主婦の方は、キャッシングが楽に出来て非常に便利だったそうです。専業主婦であるため収入は全くありませんでしたが、運転免許証を提示するだけで良かったのです。

もちろん旦那さんの給料が21万とは言っても、正社員で収入が安定していると判断されたので、キャッシングを行うことが可能だったのです。しかし、いずれにしても旦那さんにバレないでカードローンを利用することが出来たので奥さまも胸をなでおろしているとのことです。

専業主婦は夫には分からないかも知れませんが、家庭の為には、一時的にどうしてもお金がすぐに必要というようなことは必ずあるはずです。そのような場合には、生活をやり繰りしていく為にも、キャッシングを是非利用することを検討されてみてはいかがでしょうか。返済さえきちんとしていれば、現金なので生活にキャッシングは必ず役に立ちます。

ページトップへ