おまとめローンを利用して借金を減らしたい

キャッシングを行っている方の中には、A社から50万円、B社から30万円、C社から20万円というように複数の金融機関や貸金業者から借入れを行っている方も少なからずおられるようです。

こうなるとそれぞれ返済の日にちも違うでしょうから、所定の日にうっかり返済漏れが発生する危険性も高まり、それによって信用情報に傷をつけてしまうこともあるかも知れません。計画的な返済を行うためには、給料日等に合わせて、返済の日にちをしっかり管理しておきたいものです。

複数のキャッシング先を抱えて悩まれている方にお勧めしたいのがおまとめローンというものです。これはその名のとおり、複数の借金をまとめて借入れ先を一本に絞るというものです。

借入れ先を一本に絞ることにより、より計画的に返済の管理を行うことができるようになりますし、場合によっては借入れの利率を下げることができる場合もありますので、おまとめローンは検討の価値が十分にある方法と言えます。

総量規制の例外

ここで、既に年収の3分の1という総量規制の枠ギリギリまでお金を借りているので、またそれと同じ位の金額の借入れを行うのはとても無理とお考えになる方もおられるかも知れませんが、そういった方には少し役に立つ情報を紹介したいと思います。

総量規制について紹介したコラムでも少し触れたのですが、総量規制には「除外」と「例外」があります。このおまとめローンに相当する「顧客に一方的に有利となる借換え」はこの総量規制の「例外」に当たります。したがって、こういう目的で借換えを行う場合、条件さえ合えば新たな借入れが可能となる場合があります。

しかし、おまとめローンの利用を検討する場合のもう一つの大きなポイントはその金利がどうなるかという点にあると言えます。

この金利が減れば返済を行うべき金額(絶対額)が少なくなりますので、利用者にとってはお得になりますが、状況によってはこれが増えてしまう場合もありますし、それでは何の意味もありません。そのようにならないためにも信用情報を失墜させるような返済漏れなどは行わないよう、普段から注意するようにしましょう。

ページトップへ