審査に通らない自分の弱点を知るポイント

キャッシングを利用したいと考えていても、これは当然相手があることですので、金融機関や貸金業者に対して申し込みを行い、先方の承諾があって初めてキャッシングを利用することができるようになります。そしてこの一連の手続きにあっては、キャッシングの利用を希望される方の信用に関する審査が行われ、その結果に基づいて、キャッシングの可否や利用可能額、利率等の条件が決まることになります。

審査に関する信用情報

審査に際しては、仮にその方にお金を貸したとして、それがきちんと返ってくるかどうかという観点に基づいた審査が行われることを理解しておく必要があります。例えばこれまでクレジットカードを利用していたとして、所定の支払日に入金漏れがあり、度々延滞していたら、キャッシング先はどのように思うでしょうか?

業者に限らず誰であっても、「ウチの支払いも滞るようなことになりそうだな、じゃあ貸出しは止めておくか‥」となるのが普通の考えでしょう。

このお金の支払い等に関する情報は信用情報機関が一元的に管理していますので、全ての情報が筒抜けであると理解することが重要です。

ですので、借入れや支払いの状況に関する申告は嘘偽りなく、正しい情報を先方に提供し、その上で、社会人として当たり前の「借りたものはきちんと返す」という地味な作業を積み重ねることが、信用の向上に繋がると考えて、実際そのように行動することが重要です。信用という目に見えない価値はお金で買えるものではなく、ただ日々の実際の行動の積み重ねの結果であると考えることが大切です。

この基本原則を踏まえた上で、キャッシングの審査では、居住状況や勤続年数といった幾つかの情報を基にして、これらの変数を複合的に分析した上で、結果が出ることになります。居住状況に関して言えば、賃貸よりは持家や家族名義の家に居住している方が返済に充てることのできる金額が多くなりますので、審査は有利に働くでしょうし、勤続年数についても同様の結果が導かれることは容易に想像がつくかと思います。

自分の弱点を知った上で、これを取り除き、先方が貸出しをしやすくなるための環境作りに励むようにすると良いでしょう。社会における人と人との信頼関係も同じですが、信用し合えるような関係を築くためには時間がかかるものです。王道はないと考え、約束を守って日々自分自身の信用の向上に資するようコツコツと地味に努力していきましょう。

ページトップへ