家族の借金を返すということ

自分自身の借金は自分で返すというのが基本原則ではあるのですが、やむを得ず家族の借金を抱え込んでしまう場合というのもあるかも知れません。妻の借金を夫が背負うこともあれば、親の借金を子が背負うというケースもあり得ることでしょう。

但し自分自身ではない別の人の借金を肩代わりする場合、もちろん返済資力にもよりますが、自分の現状(仕事や生活リズム)を変えてまで無理をすると、その方の生活環境すら一変する事態ともなりかねませんので、これは慎重の上にも慎重を期することが重要です。

何せ将来のことですので、事態がどう進展するかは誰にも分かりはしないのですが、良かれと思い、家族の借金を背負ったその結果として、借金をした一人に留まらず、家族の命運に影響を及ぼす場合もありますので、こういった難しいケースでは、塞ぎ込まずに法律家等の第三者の客観的な意見を聞いた方が良い場合もありそうです。

借金の相続について

これが相続の場合にはまた違った対応が求められることになります。仮に自分の父親が多額の借金を抱えたまま死亡したとしましょう。通常の(遺言がない)場合、亡くなった方の財産は一定の計算方式に基づいて、家族に相続されることになります。

相続することができる権利は、資産(正の財産)の場合もあるでしょうし、負債(負の財産)の場合もあるでしょう。またそれらの両方が残っている場合もあるでしょう。資産も負債も共に相続した結果、残された家族が借金の返済義務を負うことになったというケースも少なくないようです。

しかし、これは意外と知られていませんが、相続することのできる権利というものは放棄をすることもできます。これは俗な言葉を使いますと、借金を帳消しにできるということを意味しています。また、相続することのできる資産の範囲内で、負債を相続することもできるのです。

ただし、この手続きは(相続人等が決まり)相続することができるようになってから3ヶ月以内に行わないと資産も負債も含めて全て相続したものとみなされますので、こういった場合は注意が必要です。

これは民法に規定されている基本事項ではありますが、相続の知識がなく、うっかり対応を誤ると、背負わなくても済む借金を背負う事態となりかねませんので、よく覚えておいて下さい。

ページトップへ