具体的な審査の仕組みや手順

キャッシングの申し込みを行う金融機関や貸金業者が決まりましたら、次は申し込み手続きを行い、それを受けて、いよいよ金融機関や貸金業者による信用審査が始まります。

この信用審査は、キャッシングの申し込みを行ってきた方が滞りなく貸し出した金額を返済できるかどうか、その能力の調査を行い、問題ないということでしたら審査が通り、借入れが可能となります。またその可否と併せて返済金利が決定されることになります。

この金利もキャッシングを希望される方の信用の程度に応じて決定されます。信用度が高いと判断された方には安い金利が、そうでない方にはより高い金利が適用されることになる訳です。

審査内容

審査では何が問われることになるかというと、先にも書きましたとおり、その方が滞りなく返済を行うことができるかどうかを判断するための情報が確認されることになります。

より具体的に一つ一つ紹介していくと、まず本人の年収がどれ位なのかと言うのが一番大きなポイントになってきます。当然、年収が多ければ多いほどキャッシングの返済に回せる金額も必然的に多くなりますので、これは重要な要素となってきます。

また居住形態も重要な判断材料の一つで、持ち家の方は、賃貸で居住されている方に比べて家賃に回す金額分の余裕が生じますので、こちらの方が高評価となります。ただし、持ち家でも住宅を購入してから日の浅い方は住宅ローンを抱えていると判断されますので、住宅を購入してから年月が経過した方、また家族名義の方に比べて評価が低くなる傾向にあります。

他社からの借り入れの状況も重要な判断材料の一つとなります。これは信用情報機関に問合せを行うと、その状況について全て確認できますので、言葉は悪いですが情報は筒抜けの状態にあると言っても言い過ぎではありません。ですので、キャッシングの申し込みを行う際は、絶対に嘘は書かず、本当の金額や情報をありのままに申告して下さい。意外と知られていませんが、信用取引では嘘は禁物です。

また信用情報機関では、クレジットカード等の支払いに関する状況も確認することができます。返済日はキチンと守っているという実績はキャッシングの返済にも同種の影響を及ぼすと判断されることになりますので、当たり前のことですが、社会人として責任のある行動を取らなければなりません。

ページトップへ