主婦(主夫)がキャッシングを行う場合

キャッシングは基本的には安定した収入があることが前提となってきます。これに対して専業主婦(主夫)は、個人を単位として見た場合、安定した収入はありません。それでは、主婦(主夫)は絶対にキャッシングを行うことができないのでしょうか?

結論から言うと、主婦(主夫)であってもパートナーに貸出しを行った金額を回収できるに足る十分な収入があると認められる場合は、キャッシングを行うことができます。

配偶者貸付とは?

貸金業者からキャッシング融資を受ける場合は総量規制という貸出限度額に関する規制を受け、その限度額は年収の3分の1までとなります。

しかし、この総量規制には例外があり、「配偶者貸付」もそのうちの一つです。この制度は、専業主婦の場合を例に取れば、配偶者である夫の同意さえあれば、夫の年収を基準に融資を受けることができるという内容です。

ですので、夫の年収が600万円だとすれば、同意を得てさえいれば年収の3分の1、つまり200万円を限度として融資をうけることが可能です。

但し、この場合であっても、例えば夫が既に200万円のキャッシングを受けていたと仮定すると、既に総量規制の限度額に達する借入れを受けていることになりますので、その総量を超える新たな借入れを行うことはできないという理屈で、新たなキャッシングはできないという結論が導き出されます。

また主婦(主夫)であっても、専業主婦ではなく、アルバイトやパート、契約社員等様々な雇用形態において、安定した収入を得ている方もおられることでしょう。この場合であっても安定した収入があれば、現在はほとんどの金融機関や貸金業者からキャッシングを行うこともできるでしょう。

最近は雇用形態の多様化を背景にして、こういった方をむしろ対象としたキャッシングも広く出回っていますので、インターネット等で色々調べてみると、キャンペーン等のお得な情報を得ることができるかも知れません。

ページトップへ