キャッシングとカードローン

銀行等の金融機関や消費者金融等の貸金業者からお金を工面する場合、大きく分けてキャッシングとカードローンという二つの方法があります。それぞれの目的に応じて使い分けることになるのですが、今回はその内容について紹介してみたいと思います。

キャッシングとは?

キャッシングというのは、その名のとおり、これらの業者から50万円、100万円というように必要な金額を借り入れることを指します。そして借り入れを行った金額に所定の利息を付けることにより、返済計画に基づいて月々数千円、数万円という形で返済を行っていく方式となります。

カードローンとは?

これに対してカードローンというものは、借入れを行うことのできる大枠(これを「限度額」といいます)をまずもって設定します。その方の信用の度合いに基づいて100万円、200万円というように限度額を設定し、その範囲内であるならば基本的には自由に必要な金額だけ借入れを行うことができます。

例えば限度額が仮に100万円であったとして、今は50万円だけ借入れを行いたいので、それだけ借入れ、20万円返済していくと残りの限度額は70万円残っていますので、この範囲内で必要な分だけまた借入れを行うというような使い方ができることになります。実際には利息というものが発生しますので、上の例示は少し大雑把な説明ではあるのですが、大筋は上のような理解で間違いないと思います。

両者の特徴

カードローンはキャッシングに比べて柔軟性に富んでいるという特徴があることが上の例から見て取れると思うのですが、裏を返すとこれはよりお金を借りるインセンティブが強く働いているということでもあります。

借金がより身近になりがちで、カードローンを自分のお財布と勘違いしがちになってしまいますので、この点は注意が必要であると言えます。

キャッシングとカードローンの特徴や違いをよく理解して上手な付き合い方をしていけば、キャッシングを行った金額をカードローンに置き換えて借入れ金利を減らすことができたりといった利用法が取れる場合もありますので、自分の置かれた環境を見直してみるのも一つの方法と言えます。

ページトップへ